水戸市で腰痛・関節の痛みでお困りの方、たどころ整骨院にお任せ下さい!

エキテン口コミランキング

tel;029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43
リバーシャトー103
施術者代表:田所佑介

駐車場あり

腰部脊柱管狭窄症

  • 歩いていると下半身が痺れる
  • 背筋を伸ばして立っていると痺れる
  • 前屈みになって休憩すると楽になる
  • 横向きで背中を丸めた状態でないと寝れない
  • 整形外科で狭窄症と言われた

なぜ腰部脊柱管狭窄症になるのか

 比較的中高年の方に多いといわれています。
背骨は背骨は頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個できていて、その中に脊柱管という神経の通り道があります。腰部脊柱管狭窄症とはその脊柱管が「黄色靭帯の肥厚」「加齢による椎間板の劣化」「背骨のずれ」「椎間板がとびだす」などが原因で脊柱管が狭くなり神経を圧迫して足の痺れや痛みがでてきます。

腰部脊柱管狭窄症による症状の悪化、解消しない理由

神経痛や痺れが改善されない方は狭窄に加え、骨盤が前傾し反り腰になっている場合が多いです。マッサージをして症状が和らいだが一時的なもので、再びしびれや痛みの症状がでた経験はありませんか?それは揉んでもらったことにより身体が楽になった様な感覚はありますが、骨盤や腰椎の歪みはとれていない状態なのでまた症状が現れると考えられます。なので、骨盤や反り腰を改善させることが大切になってきます。

また、整形外科でレントゲンやMRI検査を行い、椎骨の変形や椎間板に異常があったとしてもあきらめないでください。

健康な人でも椎骨の変形や椎間板の異常があったりする場合がありますが症状が無い方が大半です。なので、しびれがでる原因は骨や椎間板の異常だけではなく他にもあると考えられます。

水戸市たどころ整骨院での施術方法

たどころ整骨院では下半身に痺れや痛みがあり、腰部脊柱管狭窄症と診断されていたとしても、痺れの原因は狭窄症ではない場合があると考えています。
当院では骨盤の歪みや反り腰を整え神経の圧迫を軽減されていきます。そうすることで痛み、痺れが改善されている方が多くいらっしゃいます。
狭窄症と診断されたとしても落ち込まず、たどころ整骨院で骨盤や背骨の歪みがあるか検査される事をオススメします。

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい

よくある質問|水戸市・たどころ整骨院

どのくらい通えばよくなりますか?
初回の施術で症状は軽減しますが、身体の歪みは一度の施術で整えたとしても数日で元に戻ってしまいます。ですから始めの5、6回程度は1日おきに受けに来た方がいいです。症状が改善されて来たら週に1、2回にしていきましょう。 症状の状態にはよりますが、数週間~数ヶ月かかります。
痛みしびれを耐えて生活しているとどんどん悪化してしまうため、早めにたどころ接骨院でお身体の確認をオススメします