水戸市で腰痛・関節の痛みでお困りの方、たどころ整骨院にお任せ下さい!

エキテン口コミランキング

tel;029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43
リバーシャトー103
施術者代表:田所佑介

駐車場あり

腱鞘炎(ドケルバン病)

  • 手首を動かすと痛い
  • 親指を広げたり力を入れると痛い
  • 手に力が入りずらい
  • 妊娠、出産後に手首に違和感を感じるようになった
  • 手首に熱をもった感じや腫れがみられる

腱鞘炎(ドケルバン病)とは

5本の指の中で一番可動域がある指が親指です。
親指は物をつかむ時携帯電話のボタンを押す時などほとんど親指が関わっていて大切な場所である一方で、負担も一番かかりやすい所になってきます。

親指の使いすぎにより、ストレスを受け、親指を広げるための腱(長母指外転筋腱)や伸ばすための腱(短母指伸筋腱)が傷つき、炎症をおこします。
その2つの腱を束ねている場所(腱鞘)が厚くなり、通り道が狭くなってしまいます。
狭くなると腱の滑りが悪くなるため親指や手首を使うと、炎症が広がり悪化につながります。

なぜ、腱鞘炎(ドケルバン病)が起こるのか?

腱鞘炎は女性に多いとされていますが、その原因の一つに妊娠・出産期、更年期(中高年)の女性に発症することが多く、これは女性ホルモンの関与が多いからとされています。
妊娠、出産時期には妊娠を維持させるためのホルモンが分泌され、そのホルモンには、腱鞘を収縮させる働きもあります。それにより腱の滑りが悪くなると考えられます。
更年期の時期には、関節を柔軟に保つためのホルモンが減少するため、炎症を起こす原因になります。

水戸市たどころ整骨院の腱鞘炎(ドケルバン病)の施術方法

たどころ整骨院の腱鞘炎の施術は、痛みがある患部のみを治療するのではなく、根本的治療として体全体をみて、日常生活から負担がかかっている部位や癖など問診票を元にお話をお伺いして、患者様一人一人様々なことからアプローチを行い、座り方や立ち方などご自宅でできる体のケアの面でのアドバイスもさせていただきます。

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい