産後の骨盤矯正

  • 産後、このようなお悩みはありませんか?
  • 出産後、腰痛が癖になってしまった
  • 妊娠時からのガニ股・尿もれが気になる
  • 下腹部・下半身太りに悩んでいる

産後の骨盤矯正 赤ちゃん同様お母さんの体も大切に

妊娠中の骨盤

女性の身体の仕組みは、本当に神秘的です。
それを一番実感するのは、出産を経験したお母さんご本人ですが、骨盤や骨組みの矯正施術を主な仕事とする私も、その身体の仕組みにはとても驚かされることが多いです。

妊娠から出産に当たっては、骨盤が大きな変化をとげます。
妊娠すると、赤ちゃんが産道を通りやすくするために、普段張りや弾力のある靭帯や筋肉を、柔らかくしたりゆるめてあげたりするホルモンが分泌されます。

骨盤は、身体の基礎、土台にあたります。
その骨盤は、靭帯によってつながっていますから、そのホルモンが分泌されることで、骨盤が開きやすくなり、赤ちゃんが産道を通るときに負担がかからないよう、大きく開くようになるのです。
自分の骨盤を開閉しようと、いくら「開けゴマ!」と念じても、これはできないことです。

赤ちゃんを守ろうと、無意識のうちに体のあちこちが応援体制を取ろうとする、その身体の仕組みは、やはり神秘的と言わざるを得ません。

産後は骨盤周辺のじん帯や筋肉が柔らかくなっているので注意が必要です

産後の骨盤はデリケート

また、産後のお母さんの体は、妊娠中に分泌されたホルモンによって、靭帯や筋肉組織が柔らかくなっており、安静が必要です。 決して無理をしてはいけません。

骨盤は、身体の基礎を支える土台部分なのですが、無理をすることによって、この骨盤が歪んだりずれたりした状態で固定されてしまうことがあるのです。
骨盤に歪みやずれが起こった状態で固定されてしまうと、骨盤が本来支えるべき体重や、動作などで起こる力点の軸を支えられず、かわりに骨盤周辺の筋肉や筋膜が支えようとがんばってしまうということが起こります。
骨盤というしっかりとした土台が支えている負荷を、やわらかい筋肉や筋膜が支えられる訳もなく、そこに負荷がかかると痛みが発生してしまいます。
産後のお母さんの体は、筋肉や筋膜が通常の人よりもやわらかい為、余計に痛めやすいのです。

たどころ整骨院の産後骨盤矯正について

骨盤の歪みやずれは、骨盤矯正によって改善することができます。
ただし、通常の骨盤矯正は、押したりねじったりする手法を取ることが多い為、産後の靭帯の柔らかくなった状態のお母さんには、靭帯を痛める原因にもなりますので、あまり向いていません。

産後のお母さんの体は、とてもデリケートにできていますので、骨盤矯正により元の健康な身体を取り戻す際には、たどころ整骨院でのソフトな骨盤矯正法を試してみてはいかがでしょうか。

元気なお母さんは、元気な子供と同様に家族の宝です。
ぜひ、たどころ整骨院で、お母さんの毎日の健康を支える骨盤作り、骨盤矯正を受けていただくことをお勧めいたします。

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい

よくある質問|水戸市・たどころ整骨院

産後何か月後から骨盤矯正を受けられますか?
産後のお体はとてもデリケート!!
なので体力も回復してきた2か月後から骨盤矯正を行うのが理想です!!
子供が手の離れない年齢なのですが、そちらに連れていっても大丈夫ですか?
はい。結構です。最近お子様をお連れになって通われる方も増えています。キッズスペースを用意していますのでそちらで遊んで頂くことも可能ですし、一緒に施術室に入って常にそばについていただくことも可能です。