水戸市で腰痛・関節の痛みでお困りの方、骨盤から根本改善する整体たどころ整骨院

エキテン口コミランキング

tel;029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43
リバーシャトー103
施術者代表:田所佑介

駐車場あり

オスグッド(成長痛)

  • 小学生・中学生で膝が痛い
  • 膝が痛くてスポーツができない
  • 床に膝が当たると痛い
  • 膝の骨が出てきて、腫れている
  • 安静にしていれば痛みがない

なぜ「オスグッド」が起きるのか?

オスグッドは10〜15歳くらいの年齢で発症することが多く、特に活動的な男子に多いのが特徴で、成長痛と言われたりもします。

最近水戸市でもサッカーのクラブチーム、野球のリトルリーグなど運動に力を入れているところも多くあり、膝に負担が掛かる場面も多くあります。成長期に一定以上の負担を掛けてししまうことは体が負担に耐えきれず、怪我につながります。

今のクラブチームは、昔みたいな精神論が強い走り込みなど、過度な運動をさせるところは減っていると思いますが、それでも「オスグッド」の症状は多い傾向はあります。

なぜこの10〜15歳のくらいの成長期に「オスグッド」は発症するのでしょか?

水戸市たどころ整骨院が考える「オスグッド」が起きてしまう理由

成長期の骨は大人に比べ「柔らかい」という特徴があります。

例えば大人の骨折だと「ボキッ」と折れるところが子供だと「グニャ」っと曲がります。

そのくらい骨の柔軟性がある時期もあり、10〜15歳くらいはこの骨の変わり目の時期に差し掛かってきます。

この時期に太ももの前の筋肉を過度に使ってしまうと、骨が筋肉の負担に耐えきれずに骨に炎症が起こってきます。

基本的には大人の骨の硬さがあれば「筋肉・腱」の方に負担が掛かるはずですが、子供の骨は筋肉の負担に耐えるだけの硬さがないために「骨」に負担がかかってしまいます。

オスグッドは成長期特有の症状です。

運動量によって症状は変化しますので、運動量の管理も行っていく必要と水戸市たどころ整骨院は考えています。

 

水戸市たどころ整骨院が考えるオスグッドが悪化する・改善しない理由

水戸市たどころ整骨院が考えるオスグッドの改善しない理由は・・・

膝(オスグッド)に負担をかけている「筋肉」をそのままにしてしまっていることが原因と考えています。

一般的に膝に負担を掛けけいるのは、太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」と言われています。なのでこの「大腿四頭筋」をストレッチする施術が一般的な施術方法になってきます。緩め方も様々で、マッサージや電気、針などがあります。

しかし、このオスグッドの原因と言われる「大腿四頭筋」は何もなく、突然固くなってしまうのでしょうか?

水戸市たどころ整骨院ではこの「大腿四頭筋」が固まることは、何かしらの原因があると考えています。

水戸市たどころ整骨院が解説する「大腿四頭筋」が固まる原因とは?

大腿四頭筋が固まる原因とは・・・

骨盤のバランスにあると考えています!

骨盤のバランスが悪い状態が続くと、大腿四頭筋が常に緊張してしまう(使い続けてしまう)バランスがあり、もし骨盤がそのバランスの状態にあれば、必死に大腿四頭筋をケアしたとしても無駄になってしまう場合もあります。

「膝」

 ↓

「大腿四頭筋」

 ↓

「骨盤のバランス」

もしこのような繋がりがあった場合「骨盤のバランス」を調整しなけれえばオスグッドは改善しないと考えます。

 

水戸市たどころ整骨院のオスグッド施術

水戸市たどころ整骨院のオスグッドの施術方法は「骨盤の歪み」をメインに調整します。

オスグッドの原因として「骨盤の歪み」は重要になってくるので、正しい位置に調整する必要性があります。

更にオスグッドの「痛い部分」に関しては痛い部分に「直接」水戸市たどころ整骨院独自の施術を行い症状緩和、を行っていきます。

早期のスポーツ活動の復帰が一番と考えますので、今後のスポーツ活動の日程等を考慮して施術日程を確認させていただきます。

スポーツ障害、オスグッドでお困りの際には水戸市たどころ整骨院にご相談ください!

 

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい

よくある質問|水戸市・たどころ整骨院

大学1年生でオスグッドはありますか?
オスグッドの好発年齢は10〜15歳の成長期と言われています。
整形外科で20歳でオスグッドと診断された方もいると聞きますが、一般的には考えにくいと思います。
大学生になるとオスグッドよりは、膝蓋腱という部分の炎症になることが多いです。
オスグッドの場所と近いので間違いやすいものではあります。
オスグッドは安静にしていても痛いですか?
基本的には安静時は痛みがないことが多いです。
しかし、負担の掛けすぎで炎症が強い場合、骨折を合併している場合は安静時も痛い場合があります。
ですので、運動時に膝の正面が痛い場合はオスグッドを疑いましょう。
中学生でスポーツをしていて、最近膝が痛いのですがオスグッドでしょうか?
10〜15歳の年齢で膝の痛みの際は、オスグッドを疑うことは多いです。
しかし、運動をしているとオスグッド以外の膝の障害も考えられるので、一度見させていただいて施術プランのご提案になります。
もしオスグッドだった場合、早めの施術が効果的ですので一度ご連絡ください!

スタッフブログ

求人募集

ヘルモア