捻挫・挫傷・肉離れ・打撲

  • スポーツをしていて肉離れになってしまった
  • 同じところの捻挫を繰り返している
  • 捻挫が治ったけど足に違和感が残る

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲でお悩みの方へ

一般的な、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲などの怪我では、「痛み止め」や「包帯、テーピング、アイシング」などで様子を見ることが多いです。

しかしながら、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲をそのままにしておくと、治りが遅くなったり、痛みが後遺症として残ってしまったり、何度も繰り返し怪我しやすい状態になってしまうケースも多いです。

特に、状態が悪いまま患部を固定してしまうと、何度も同じ箇所を傷めやすくなることもあります。
そのため、早い段階で適切な治療や、怪我のリハビリを受けることが重要です。

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術は?


捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合は、筋繊維や靭帯が損傷し、炎症を起こしていることが多いです。
また、怪我をした患部を守ろうと周りの筋肉や靭帯のバランスが崩れている状態であることがほとんどです。

そのため、怪我をしている患部だけではなく、周辺の筋肉や関節、土台である骨盤などを調整し、より治りが早く、後遺症が残らない状態を作っていくことが大切です。
たどころ整骨院では、まず全身の状態をチェックした上で、骨格と筋肉を調整していきます。そうすることによって、怪我をしている箇所の自然回復力が高まり、より治りやすく後遺症が残らない状態になっていきます。
その上で、プロ野球選手の骨折や怪我の早期回復にも使われる特殊治療器で、より回復速度を高めていきます。
たどころ整骨院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術では、はじめ、怪我をしている場所を触らないため不思議に思う方もいらっしゃいますが、実は人体の構造上全てが繋がっていますので、こういった手順で施術を行っています。
また、骨格や筋肉、靭帯の状態が悪い状態のまま怪我が癖づいてしまうと、その後も怪我をしやすくなったり、後遺症が残ってしまうケースもあります。

交通事故後の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合の対処方法

交通事故で腕や足などの怪我で多いのが、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲です。

これらの症状は、レントゲン検査では異常なしと言われます。 しかしながら、レントゲン検査で異常がないということは、あくまで骨に異常がないという事で、筋肉組織や筋繊維などが傷ついているケースがほとんどです。

当院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術は、通常自費では5,000円~4,000円前後頂いている怪我とリハビリのための専門的な施術方法となります。(自賠責保険適用の場合は、自己負担0円でこれらの専門施術を受けることが可能です)

施術内容としては、金メダリストにも提供される怪我とリハビリに特化した施術内容となります。
プロの世界では、怪我の後に痛みを緩和するだけではなく、早期の競技復帰や、怪我の予防、パフォーマンスUPも含めた高いレベルが求められます。

トップアスリートに提供される技術を、交通事故の怪我やリハビリに応用することで、早期回復を目指すだけではなく、後遺症を残さず日常生活に戻れることを目的とした施術を行っています。

たどころ整骨院 交通事故

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい