寝違え

HOME > 寝違え

「寝違え」とは

寝違いキャッチ
  •  朝起きてから、首が一方向にしか曲がらなくなった。
  •  洗顔や着替えの時に、首が痛んで動かしにくい。
  •  だんだんと首の痛みが強くなっていく。
「寝違え」とは、文字の通り「寝ている時に首の筋を違える」という意味で使われています。
正式には「頚椎捻挫(けいついねんざ)」と言い、首に何らかの負荷がかかってねじれてしまい、筋肉や神経・関節の機能異常を起こしている状態を指します。

たどころ整骨院へ訪れる方で多いのが、自己の判断でストレッチなどを行い、さらに首を痛めてしまうケースです。「強くもむ、温める、ストレッチをする」といったことは、腫れを悪化させてしまいます。

朝起きて不快などの違和感があり、痛みが増すようであれば茨城県水戸市のたどころ整骨院までご相談ください。

「寝違え」とは

寝違えは寝ている時の姿勢が原因であるために、起きてすぐに違和感を覚えるケースがほとんどです。仮に痛みが治まったとしても、「頚部のじん帯損傷」や「頚椎椎間板ヘルニア」等が原因かもしれませんので、的確な判断が必要です。 寝違いポイント
  • 朝起きてから、首が痛む。
  • ある方向に首を曲げると痛みが走る。
  • 首の動作に違和感がある。
  • 手や腕がしびれている。
  • 上下左右を向く、振り返ることができない。
  • 肩の位置を固定していないと痛む。

そもそも、寝違えを起こす原因には「ストレスによる緊張状態」「運動不足による筋力の衰え」「慢性的な肩こり・首こり」「冷え性」などが潜在的にあります。あなたが寝違えを年に何度も起こす人であれば、根本の原因を探ってみましょう。

「寝違え」の施術

電気 「寝違え」は、日常に支障がない程度と感じると、ついそのままにしてしまいがちです。
時間が経って違和感が薄らいでしまうと、施術を受けないままの人も多くいます。しかしその後、入浴や飲酒で血流が良くなり、腫れが悪化して翌日はさらに痛むというケースも少なくありません。

「寝違えたかな?」と思ったらできるだけ早く、カウンセリングを受けることをおすすめします。
たどころ整骨院では、実際に視て触って、場合によっては検査機を併用して「寝違え」の重度と原因を調べます。

その後、明日からの生活に差し支えないように、痛みを軽減する手技(関節調整)をメインに行います。症状によっては動体施術法やハイボルトも併用します。

そして、最も重要なのは「寝違えを起こす根本原因」にアプローチすること。
首や肩の骨・筋肉の状態を確認・調整し、冷え性が原因の場合は冷え性に対する施術を行います。

枕の高さや寝具との相性に関するアドバイスや、首の筋肉をしなやかにするストレッチを指導して、再発を防止します。

過去に寝違えを起こした経験のある方は、一度たどころ整骨院までご相談ください。

お客様の声 | 水戸市の、たどころ整骨院

  • S.T様 20代 水戸市 寝違え

    ST様の声

    Q:来院のきっかけ、悩んでいたことは?

    首を寝違えてから、頭痛、めまい、首と肩のコリ、腕のしびれがあり、不調が続いたので、ネットを見たら、こちらの整骨院があったので来院しました。

    Q:施術後の体の変化や感想、その他

    はじめは本当によくなるのか不安でしたが、一度目の施術で劇的に首や肩の痛みがなくなり、もっと早く来院していれば良かったと思いました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • S.K様 40代 水戸市 首のヘルニア

    SK様の声

    Q:来院のきっかけ、悩んでいたことは?

    首のヘルニアと診断されて、手のしびれがあった。

    Q:施術後の体の変化や感想、その他

    ・手のしびれがなくなり、仕事上やりやすくなった

    ・ねむりもよくなった

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい