水戸市で腰痛・関節の痛みでお困りの方、骨盤から根本改善する整体たどころ整骨院

エキテン口コミランキング

tel;029-291-8676

茨城県水戸市河和田1丁目1535-43
リバーシャトー103
施術者代表:田所佑介

駐車場あり

野球肘

  • ボールを投げると肘に痛みを感じる
  • 握りこぶしを作ると肘に痛みを感じる
  • 物を持つときに肘に痛みを感じる
  • 肘の内側が腫れる
  • 腕が外側に向いている

【なぜ野球肘は起きるのか?】

「野球肘」は、水戸市内でも野球をやっている小学生に多く、ボールの投げ過ぎが原因で肘に痛みや違和感を感じます。特にピッチャーやキャッチャーをやっている子に多く見られます。小学生はまだ骨や筋肉がしっかりとしておらず負担を強くかけてしまうと肘が耐えられず野球肘を引き起こします。「野球肘」は小さい子に多い症状になりますので、お子さんをしっかり観察してあげてくださいね。

野球肘は2種類ありまして、「内側」が痛くなるものと「外側」が痛くなるものがあります。

内側」に出るものに関しては肘の内側の骨が飛び出るような感じになり、腫れたりもします。投げ方が悪かったり、変化球を投げたりすると内側に出やすい傾向にあります。
外側」に出るものに関しては腕が外側に向いてしまいます。外側に向いてしまうものは悪化すると軟骨が欠けてしまうことがあり、欠けた軟骨が肘の関節に挟まってしまい肘を動かせなくなってしまうこともあります。「ねずみ」とも言われ関節軟骨が剥がれてしまい肘に様々な悪影響を与えます。最悪の場合まで手術で取り除く場合もあります。よくプロ野球選手がオフシーズンに行うのはこの「ねずみ」の除去になります。

【野球肘が悪化する・改善しない理由】

悪化する1番の理由としてはボールの投げ過ぎが考えられます。肘に違和感を感じた場合はまずは休息を取らないといけません。
しかし、いつまでも改善が見られない場合は、投げ方(投球フォーム)を変える必要があります。肘に負担のかかる投げ方を変えなければいくら休んでいても、再度痛めてしまいます。

肘に負担がかかる投げ方とは、下半身が上手に使えていないものになります。
特に股関節が硬い選手は下半身を上手く使えていません。股関節の柔軟性を高めることで、下半身全体が使えるようになり、上半身に力が伝わるようになり「肘にかかる負担」が大きく減っていきます。
肘を良い状態にするにはまず体の土台である下半身から整える必要があります。

水戸市たどころ整骨院の野球肘の施術法

水戸市のたどころ整骨院では、肘に負担のかからない体作りのためにまずは体の土台である下半身の施術から入ります。上記でも述べたように股関節の柔軟性が大きく関わる為、足から股関節にかけてが動きやすい状態を作ります。下半身が整ってから上半身の施術に入ります。上半身に関しては利き腕の方の筋肉が固くなっていることが多く、肩甲骨の動きの制限も見られます。左右同じような状態に整え上半身も使いやすい状態を作ります。そうすることで肘にかかる負担も消え落ち着いてきます。

水戸市のたどころ整骨院では痛みの出ている肘にだけ注目するのではなく、体の歪みを見て負担のかかっている場所から整えていくことが改善するための近道と考えています。水戸市内で野球肘でお悩みの方はたどころ整骨院へ是非一度ご相談にいらしてください。

施術の流れ

1.カウンセリング 2.チェック 3.施術
痛みの状態や状況を詳しく伺います。 お体を詳しく調べ、
全身のバランスを確認します。
骨格を整える矯正や筋肉のバランスを整える手技、姿勢改善のストレッチなどを行います。
4.痛みのチェック 5.ご説明 6.運動指導
施術後のお体をチェックします。
変化はありましたか??
現在の状態や今後の施術計画についてお話します。 ご自宅でできるストレッチや体操を指導します。
予約制ではありませんので、ご都合のよい時間帯にお越し下さい

スタッフブログ

求人募集

ヘルモア